人は観念の世界で空を飛べる。

アクセスカウンタ

zoom RSS まじめな提案 「うつ病に新しい病名を!」

<<   作成日時 : 2007/05/05 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

GWも後半戦。月曜日からの仕事を考えると切なくなってまいりました。GWも休みなしの方々、申し訳ありません。アンサンです。

さて、久し振りにまじめな提案を一つ。

昨今、至るところで「うつ」という言葉を耳にします。例の「メタ…」も大流行ですが、「うつ」の日常会話への浸透度はなかなかのものです。

「うつ病」とよばれるものに、罹ってから8年目、現在ルボックス25mg×4、セニラン2mg×4を飲んでいる私としては、この安易に使われる「うつ」という言葉が気になって仕方ないのです。

職場で、簡単に「なんかうつ状態…」とか聞いてしまうと、ついつい「ムカッ」としてしまいます。

別に自らが病気だということをアピ−ルして、特権者意識を持つつもりではないのですが、やはり、「あんたのはうつじゃないよ!」と主張したくなるのです。

これは偏狭な心のなす技でしょうか?

やはり俗に言う「プチうつ」と「病気としてのうつ」を区別する明確な線引きが必要だと思います。そうすれば、「うつは必ず治る」的な書物・意見にいちいち腹を立てずにもすみますし、世の中の人の見方も変わってくると思うのです。例えは悪いかもしれませんが、一生抱えていかなければいけない内科的病に「必ず治る」という人はいないと思います。きっとその病とうまくやっていく方法を皆、考えるのではないでしょうか。

ですから、ここは一つ、「真性うつ」に新しい病名を!、と提案したいのです。

皆さんどう思いますか?







※おまけ

画像

マユサンの田舎、
那須にいる「りき」 というわんこ(♂)は
彼女(♀)に想いが伝わらないのが原因で
「プチうつ」 になり
動物病院から
お薬を処方されたらしいわ。


わんこも
大変なのね。
        
         by みーちゃん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
うつ 状態 実態調査 @ 4人に1人 が うつ 状態!
中学生の4人に1人が「うつ状態」という調査結果を厚生労働省がまとめたというのを聞いて心配になりました。06年8月、静岡県内の公立中学校1校の1〜3年生計566人が対象の調査だとは言え、一部の傾向とは言いきれませんね。質問は、「生きていても仕方ないと思... ...続きを見る
ケンコウ 生活 @ ケンコウ 生活 女性...
2007/05/11 06:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして?世の中はというより主に職場の話なのですが、「ウツ病」に対して、無理解であり、無頓着であるようです。「ウツ病」という診断書を会社に提出しているにもかかわらず、仕事内容や配慮は一向に変わらず。別に甘やかして欲しいと思っているんではありません。次から次へと仕事を言いつけられ、できないとこいつはダメだというレッテルが貼られ降格に次ぐ降格。だから安易に「ウツ病」を考えて欲しくないというのが私の意見です。「ウツ病」に対してこれを読むと治るみたいな感じで3冊も本をいただいて、落ち込むばかりで何の役にも立ちはしない。こうなったら自分で自分を守るしかないと思いました。長々とすみません。
とと
2007/05/06 09:42
コメントありがとうございます。職場で「ウツ」を宣言する勇気には恐れ入ります。私の場合、仕事を手加減されたり、はたまた差別されたりの、恐ろしさで、宣言できません。できれば楽になるのになー、と思いつつ、現状維持です。でも自分が悪いわけではないのですから、自分で自分を守ろうとは思いません。社会が悪いと思えば楽になるのは気のせいでしょうか?
別にととさんを批判しているのではないですよ。
アンサン
2007/05/06 15:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
まじめな提案 「うつ病に新しい病名を!」 人は観念の世界で空を飛べる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる