人は観念の世界で空を飛べる。

アクセスカウンタ

zoom RSS 函館旅行記 〜そのB〜  路面電車の話。

<<   作成日時 : 2007/11/21 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


函館に来たら、必ず利用するのが路面電車(市電) です。
主要な観光名所なら、この電車で大体補えます。
乗り放題の2日乗車券(1700円) を購入すれば、 「函館バス」 も利用できるし、これで空港へも行けます。 (1日乗車券もあります) http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/ticket/index.html







画像

函館に旅行をする時、「また路面電車に乗れる」 と思うと嬉しくなります。
なんかいいんですよ。 ガタンゴトンという音や、程よい速度、 緩やかに曲がるカーブや、昔ながらの車体、古臭い内装。 そして延々と続く車内広告放送。









画像

一生懸命走ってるって思っちゃうんですよ。 なんか見ていて、ひたむきというか。
日常の味方なんだよな、路面電車って。 日常は派手じゃない。 路面電車は日常にしっかりと根ざしている。 もちろん、路面電車も派手じゃない。






画像

路面電車のホームページを作成されている方のページを拝見すると、冬期限定で走行する 「ひかりの電車 」 というクリスマス仕様の車両写真を見る事ができるのですが、なんかその写真を拝見していたら、マユサン思わず泣きそうになってしまいました。

いかにも 「クリスマス」 って感じの、リボンやモールなんかで、一生懸命、車体をデコレーションしているんです。 
この先は、マユサンの勝手な妄想で申し訳ない無いのですが・・ 「函館市交通局」 のおじさん達が、まるで自分の娘や孫なんかを、自分の出来る精一杯のおしゃれで着飾ってあげた時のような、そんな路面電車に対する愛情を感じてしまったんです。(勝手に妄想ですが) 
ちょっとダサいかなぁ〜、とも思うのですが、でも路面電車はおじさん達の愛情を一身に受け、「今日の私はいつもとは違うのよ。おじさん達に、うんとおしゃれにしてもらったんだから」 と、さも得意満面に街を滑走しているのです。 いつもよりも30%気取って。 (ここもかなり妄想です)






画像

現役最期の疾走か、と思ってしまうような古い車体も見かけました。
でも、きっと最後まで一生懸命走るんだろうな。

昔の路線図を見たら、だいぶ路線が廃止されているんですね。
路面電車のない函館を想像してみました。 路面電車がなかったら、こんなに函館のまちを楽しめなかっただろうと思います。

                                        〜つづく〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
函館旅行記 〜そのB〜  路面電車の話。 人は観念の世界で空を飛べる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる